代表者実績紹介

Case 1. ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(1997~2012年)

時代を先読みした「高単価戦略」と緻密な「戦略的マーケティング」によって、再生不可能と言われたホテルを再建、北海道洞爺湖サミットのメイン会場として復活させた。

  <時期>                                            <実績>

2012年

  7月 ▶フランスの一流レストランに納入実績のあるMOF(フランス国家職人章)

               パン職人、フレデリック・ラロスのベーカリー「ラロス(LALOS)」を誘致、

       日本初出店を果たす

  4月 ▶ホテル内レストラン3店舗が「ミシュラン北海道2012特別版」において

      ミシュランの星を獲得。1つのホテル内に存在する星の数では、フォーシーズン

      ホテル香港と並び世界一となった。

      宿泊部門としてホテル自体も最高ランクの「5」を獲得、北海道内のホテルで

      最も高い評価を得た。尚、今回の3つ星の獲得者は、全員、ウィンザーホテル

      洞爺の元従業員及び関係者で独占し話題となり、日本一高度な食文化の発信ホテ

      ルとしての地位を確立した。 

2008年

  7月 ▶北海道洞爺湖サミット開催。G8及びEUの全首脳が一つのホテルに滞在するのは、

      日本でのサミットの歴史上初めての快挙となった。また、会期中の事故、事件は

      皆無であり、福田総理(当時)より感謝の意を表された。

2007年

  4月 ▶北海道洞爺湖サミットのメイン会場に指定される

      ▶客室単価が55,000円を超え、外資系ホテルを抑えて日本一となる

      (運営再建前のADRは5,500円、運営受託後1年で48,000円を達成した)

2002年

  6月 ▶国際的な高級ホテルコンソーシアムであるLHW(The Leading Hotels of the

      World)への加盟を果たす。開業前の加盟は異例のことで、北海道で唯一の加盟

      ホテルとなった。

      ▶“門外不出”と言われた京都の老舗「美山荘」の初支店を誘致。この他、12に及ぶ

      料飲施設を導入し、リゾートホテルとして最大の料飲施設を有するホテル

      となった。   

      ▶ザ・ウィンザーホテル洞爺 再開業を果たす

      ▶ホテルマン養成学校 ザ・ウィンザーホテルスクール開校

2001年  ▶ミシュラン3つ星「ミシェル・ブラス」の世界初の出店を誘致。イタリア料理

      全盛期であった当時の日本にフランス料理ブームを復活させ、東京における

      3つ星レストラン開業ラッシュの先鞭をつけ第二次グルメブームの契機となった

1997年

  1月 ▶「エイペックス洞爺」(当時) の再建を受託。ブランド再生のため、ホテル名

      を「ザ・ウィンザーホテル洞爺」へ改名。

      ▶移行期間については、オーナーのコスト負担を最小限に抑えるため、営業を継続

      させながら、ホテルが生まれ変わる様子を顧客にあえて見せる手法を提案、

      ホテル業界初の「オープンキッチン方式再生法」を確立。 

Case 2. 長崎ハウステンボス内5つのホテル群の新規立上げ及び運営

         (1991~1996年)

 

「迎賓館」「ホテルヨーロッパ」「ホテルデンハーグ」「ホテルアムスデルダム」「フォレストヴィラ」という5つのホテルのコンセプトを共有しながら、ホテル毎に客層・価格設定に

変化をつけ、かつ戦略的な従業員指導を徹底することで客層と動員を両立させ、収益及び利益増を実現した。

 <時期>                <実績>

1995年 ▶「ホテルヨーロッパ」客室単価及び収益率日本一。「ホテルアムステルダム」は

      4位、「ホテルデンハーグ」は6位

     ▶ホテル部門において開業以来、4期連続営業増益を達成

1994年 ▶「ホテルヨーロッパ」客室単価及び収益率日本一。「ホテルアムステルダム」は

      2位、「ホテルデンハーグ」は6位

1993年

  5月 ▶「ホテルヨーロッパ」が客室単価及び収益率日本一。「ホテルアムステルダム」

      は3位

      ▶コーネル大学ホテル経営学部と提携し、カイム教授 ( Prof. Kimes )を招聘し、

     「イールドマネージメント」を業界に浸透させ、最新のマネジメントシステムの

      啓蒙を果たす

1992年 ▶「ホテルヨーロッパ」が国際最高級ホテルコンソーシアムLHWへの加盟を開業

     わずか8ヶ月目で認められる(九州初の加盟認定)

      ▶「ホテルヨーロッパ」が客室単価及び収益率日本一達成

      「ホテルアムステルダム」は5位

1991年

  10月 ▶映画「ミンボーの女」(伊丹十三監督)の撮影を誘致

  1月 ▶5ホテルのGrand General Manager(C.O.O.)として、運営及びブランド

     マーケティングを軌道に乗せる

Case 3. ヒルトン東京ベイ(1989~1990年)

 

日本人として初のヘッドハンティングを受け、副総支配人として運営・営業強化に取り組む。外国人経営陣と日本人従業員間の円滑なコミュニケーションを実現し、従業員モチベーションの向上と企業戦略の浸透を促した。

 

 <時期>                <実績>

1990年 ▶窪山を題材とした、石ノ森章太郎氏の劇画「Hotel]のTBSドラマのロケを誘致、

                視聴率15%台、最高視聴率25%の人気ドラマとなり、一般の人々の、ホテル業界

     についての関心を大いに高めた。

1989年

 10月 ▶副総支配人として着任。外資系ホテルにヘッドハンティングで入社した初の日本人

     として報道される。(日本経済新聞)

     ▶ブライダル部門実績を1年間で2倍に引き上げる

     ▶年間稼働率92% 単価42,000円/RMの成績は、ヒルトンインターナショナルの

     収益ランク世界トップクラスにランクされた

Case 4.ホテルニューオータニ(1978~1989)

 

32歳で副総支配人に抜擢され、海外の不振ホテルの再建を達成。レストランにおけるメニュー開発から、施設設備などのエンジニアリング分野、従業員の年金制度の確立など、現場実務にも精通し、かつマネジメント視点を反映した点が高く評価され、それを契機として、三ツ星

フレンチの誘致交渉やIMC誘致など、社長補佐として、数々の重要プロジェクトを手掛けた。

 

 <時期>               <実績>

1989年 ▶ホテルニューオータニ大阪営業部 戦略担当支配人着任

     ▶IMC(世界金融会議)大阪大会を同ホテルへ誘致。ロイヤルホテルを抜き、

         大阪地区第一の高級ホテルに認知され、金融誌「インスティテューショナルインベ

     スター」にて、ホテルオークラ東京に次ぐ世界ランク第21位の栄誉を与えられる

     ※上記の経緯が小説「ホテルウーマン」(山崎洋子作)の題材に取り上げられる

1985年 ▶東京本社コーポレートマーケティング統括支配人着任

     ▶同ホテル内に誘致された最高級フレンチレストラン「トゥールダルジャン」の

     マーケティングを担当し、第一次グルメブームを起こす

     ▶人気漫画「ホテル」(石ノ森章太郎作)の登場人物“東堂マネージャー”の原作

     モデルとなる

1981年 ▶ホテルニューオータニロサンゼルス副総支配人着任、同ホテル内日本料理

     レストラン「千羽鶴」の再建に着手、1年後に達成し、「ロサンゼルス・タイムズ

     紙」において、ロス最高峰の和食レストランとの評価を受ける

1980年 ▶ホテルニューオータニカイマナビーチホテル副総支配人着任、同ホテルの経営を

     再建、開業以来の最高利益を出す

Case 5. ウォルドルフ・アストリア(1975~1978)

 

伝説のホテルマン フランクGワンガマン氏の直接指導を受けた唯一の日本人と言われ、

最高級ホテルの神髄を学び、その後のホテル哲学の形成に大きな影響を及ぼす。

同ホテルで経験した、品質管理と在庫管理システム、セールスシステムは、現在の日本の

ホテル運営レベルよりも先進的であり、後年、窪山が手掛けるプロジェクトにおいて活用

された。

 

 <時期>               <実績>

1977年 ▶ニューヨークの大停電が発生。同日は、総支配人のアシスタントとして、陣頭指揮

     ▶同ホテルに居住していた、マッカーサー元帥の夫人ジーン・マッカーサーの接遇

       担当となり、文化に対する視点を学ぶ

     ▶世界的な歌手フランク・シナトラとの交流で、付加価値マーケティングの神髄を

     学ぶ

1975年

  6月 ▶ヒルトンホテルズ コーポレーション 入社(本社 シカゴ)、ウォルドルフ・

     アストリアホテル(ニューヨーク)配属。Assistant to the General Manager、

     Assistant Director of Banquet Sales として着任。

  10月 ▶昭和天皇訪米時では接遇担当を務め、入江相政侍従長の薫陶を受ける。

      ▶日本及び欧州からの特別VIPの接遇及び、営業マーケティングを担当。 

窪山 哲雄(くぼやま てつお)

 

株式会社ザ・パークグレイス・ホテルズ 代表取締役社長

​▶ 著書一覧

© The Park Grace Hotels

 東京都港区北青山3-6-7 PGHエンタープライズ株式会社事務所内 電話:03-5778-5960 FAX:03-5778-5961 メール:info@park-grace-hotels.co.jp